2レス

  1. ruser
    2017/02/28

    今の若い世代のプレイヤーは、ゲームに対して受け身だなと感じます。
    思っていたゲームと違うと酷評し、合ってれば絶賛するのは以前から傾向はありました。
    でも、膨大な数がリリースされる昨今では、切り捨てるのが容易になった為かより極端になってる気がします。
    昔はゲームの数も少ないし、「このゲームをどう楽しもうか」と、プレイヤーが試行錯誤したものです。
    特にニーアみたいな尖った作品は受け身じゃ駄目なんだと思います。
    ハッキングも、DarkSoulsシリーズの闇霊侵入みたいに鬱陶しさを感じつつも、楽しめる様になる…かも?w

    私は買ってませんが、やってみたいゲームの1つです。

    返信

    • 武上
      武上
      2017/02/28

      今や発売されるゲームの数が膨大なので、確かに切り捨てるのは早いかもしれませんね。
      NieR:Automataは、とにかく尖った作品なので、完全にハマる人は少ないと思います。
      それでもその尖り方に共感する人は少なからずいるワケで、そういう人達以外の人が、他作品と同列で比較して酷評しているように思えます。
      まぁ、そういう人のほとんどは、PVで引き込まれてプレイした、という人なんでしょうね。

      私のプレイ状況は、まだまだ先がある状態のところなので、しばらくはジックリと遊ぶ予定です。
      折角のオープンワールドなので、寄り道しながらいろいろ回収していこうと思ってます。
      ただ…コレやってるとFF14が完全に止まるんですよね(爆)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

トップに戻る