2レス

  1. うめー
    2011/11/22

    バカボンのパパなのだ~。
    何時かラジオで聞いた話だけれど
    「詰め込み教育とゆとり教育は数十年置きのペースでやってくる」
    だそうです、教育熱心な時代が近い内にやってくることを願いましょう。

    返信

  2. 武上
    2011/11/22

    教育熱心な時代…問題はその熱心な教育の中身なんですよ。
    教育と言って、実際には学問を教えるのでなく試験に合格する術を教えていては意味がないのです。
    本当の意味で教育、そして学問というものが何なのか? という事が語られずに詰め込み教育してしまうと、ただ単に偏差値がどうこう、試験の点数がどうこう、という話になってしまうのです。
    中国の三國時代の諸葛亮は、学問に上も下もない、ただ知識を役立たせることができるか? が重要だ、と言ったとか言わなかったとか…。
    私もまさにそうだと思いますよ。
    その事に、文部省の偉い人達がどれだけ気づくか…。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

トップに戻る