2レス

  1. ruser
    2015/07/09

    三次元の広がりのある水中や空中は面白そうですね。

    ポリカーボネイトの透明度がやや気になりますが、それを気にするデバイスでは無いだろうし、それよりもどんな絵が撮れるのかを想像すると楽しそうです。
    ドローンに接続するアタッチメントなんかもあったら面白そうですね。

    返信

    • 武上
      武上
      2015/07/09

      ドローンにTHETA m15を取り付けるアタッチメントというのは、別にあえてRICOHが販売する必要はないかもしれません。
      というのは、既にカメラの三脚ネジがついたアタッチメントがドローン関係のメーカーから出ていると思います。
      …まぁ、ドローンそのものが空撮をもともと想定してますからね。

      私はやはり水深10mクラスのハウジングがあると面白いだろうな、と思います。
      スキューバダイビングをする人なら、ほとんどがそう思うのではないかと思います。
      …わたしはやってませんけどw

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

トップに戻る