2レス

  1. ruser
    2016/05/27

    このレンズ、撮影倍率に特化した上に小型軽量と言う、m4/3の利点を全面に出したレンズですよね。
    最近オリンパスが発売したレンズは、画質優先の大きなレンズばかりだったので、カジュアル路線はどうした? って感じでしたが、ちょっと安心しました。
    しかし、2.5倍とは思い切りましたねぇ。
    標準域なんで、どこまでも寄れる万能レンズになりそうな予感。
    開放F値は3.5と暗めですが、寄る事で被写界深度が浅くなり、被写体全体を写す為にどの道絞らざるを得ないと考えれば、問題無いでしょうね。
    そう言えば、E-M1には深度合成があるんでしたっけ。
    マクロである以上、このレンズも対応するだろうから、使うならE-M1がベストですね。

    後は、遠景の描写と価格が気になります。
    スペックからして、希望小売り価格で5万位ですかね?

    返信

    • 武上
      武上
      2016/05/28

      ちょっと前の噂で、Olympusが撒き餌レンズを計画しているような話があったので、もしそれがこのレンズだったなら価格は安く抑えられるかもしれません。

      ただ、そうなると結構見た目チープなレンズになりそうで、それはそれでイヤだな…と思うワケですが、できれば最低でもプレミアムレンズにして欲しいと思っています。
      ただ、個人的には価格安目のPROレンズにして、防塵防滴の初のPROマクロレンズという立ち位置にして欲しいかな、と。
      ただ、F3.5のレンズなので、やはりPROレンズにはならないかもしれませんね…。

      どっちにしても、もう少し情報が出てこないと何とも言えない感じでしょうか。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

トップに戻る