今、RDNAを選ばない理由

ホントは選びたい。だが、選べない。

あの機能がない

私がNVIDIAのビデオカードからAMDのビデオカードに乗り換えたのは、ゲーム性能を最優先として考えなかったからだ。
PCゲームの運用だけを考えれば、現時点ではNVIDIAのGeForceシリーズ、特にRTXシリーズを選んでおけばその性能は間違いない。というか、世の中のPCゲームのほとんどがコレを基準にしているんじゃなかろうか、と思うほど、NVIDIAに最適化されているようなまでにRadeonとは差が付く。
だが、それでもRadeon系を選んだのは、GPUの使い方がAMDの方が上手いと思ったからだ。
NVIDIA製のビデオカードは性能こそ随一のものがあるが、今の所追加機能が見当たらない。動画支援機能は搭載しているものの、それはDirectX準拠の動作を支援するものであり、機能としてWindows標準機能を超えてくるものはない。
だが、AMD製のRadeon系の場合、ここにFluid Motionという機能が付いてくる。
これはこのBlogでも何度か紹介しているが、秒間24フレームや30フレームの動画をGPUを使って中間フレームを生成、秒間60フレームにして動画再生できるように支援する機能である。
PCでゲーム以外の用途、例えば動画を観たりする用途がある場合、このFluid Motionという機能を使える状態にできれば、滑らかな動画で見ることができるわけである。
ところが、Radeon RX 5700シリーズをPCにビルトインして、Radeon Settingというドライバユーティリティをインストールすると…どうもこのFluid Motionの項目がないらしいのである。

Fluid Motion

このFluid Motionという機能は、基本的にはFluid Motionに対応したPowerDVD等の市販プレーヤーを使う事でこの機能を使えるわけだが、フリーの動画プレーヤーである「Media Player Classic Home Cinema」などを使うと、外部フィルタとして「Bluesky Frame Rate Converter」を使えるので、これを使う事でFluid Motionの機能をフリー環境で使用する事ができる。「Bluesky Frame Rate Converter」の作者には大いに感謝である。
このFluid Motionという機能を使用するとGPUの動画デコード機能を使うだけでなく、3D処理の負荷も上がる。つまり、この3D処理の負荷がFluid Motionの処理というわけである。12%ほどの負荷でフレーム補完私が使用しているRadeon VIIの動画再生時のタスクマネージャを見てみると、確かにVideo Decodeだけでなく、3Dの項目も負荷が上がっている。間違いなくフレーム補完の為にGPUが動作している、という事である。

真偽の程は?

では、実際の所、Radeon RX 5700シリーズをビルトインした状況で、本当にFluid Motionの機能が選べなくなっているのだろうか?
私自身、Radeon RX 5700シリーズを手には入れていないので、確かめる事ができない。
なので状況をネットで調べて見た。


検索するとTwitterでその情報を公開していた人を見つける事が出来た。
確かにRadeon Settingのビデオ項目にFluid Motionがない。
ちなみに、私のRadeon VIIではこんな感じである。5700シリーズもこの並びになると良いのだが…私の環境では間違いなくFluid Motionの項目が存在する。
ちなみに私のRadeon Settingのバージョンは現時点での最新版である19.7.2なので、当然対応GPUとしてRadeon RX 5700シリーズを含んだものである。
つまり、現時点ではVega系GPUではFluid Motionが選べるが、RDNA系GPUでは選べない、という可能性がある。

使えるのか?

ここからは推測するしかないが、RDNAアーキテクチャにはそもそもFluid Motionを機能させるだけのハードウェア的な要素がなくなっているのだろうか?
詳しい事はわからないが、Fluid Motionのフレーム補完機能は、演算的にはGPGPUの方向性なのだろうか? だとしたら、確かにRDNAアーキテクチャはVegaの方向性とは異なるので、今のFluid Motion機能をそのまま使用する事はできないのかもしれない。
問題は、RDNAアーキテクチャでフレーム補完機能を実現する事ができるのか? という事である。もし、ハードウェア的に無理、という事であれば、この時点でゲームオーバーになる。そうではなく、現在のユーティリティでは機能しないが、RDNAアーキテクチャでフレーム補完が出来るユーティリティを制作する事ができれば、Radeon RX 5700シリーズ以降のRDNA系GPUでもFluid Motionを使える、というのではれあれば、まだ救いようはある。あとはAMDにお願いするしかない。
ハードウェア的に無理なのか、それともソフトウェアで何とかなるのか?
このあたりがハッキリしないと、最終結論は出せないと言える。

個人的にはFluid MotionはRadeon系GPUを選ぶ最大の理由ではないかと思う。
AMDには、性能はもちろんNVIDIAを追い落とすものをお願いしたいところではあるが、GPUを単純にグラフィックを表示させるためだけのものでなく、追加機能でいろいろな事を実現できるものとして扱って欲しいと個人的には思っている。
逆に、NVIDIAがこれらの機能をドライバに搭載してきたら、それこそAMDの旨味は見えなくなってくる。
そのあたりを考慮して、何とかRDNAアーキテクチャでもFluid Motionが使える様にしてほしいものである。
…いや、その前にまずは可能なのか不可能なのかをハッキリさせて欲しいところだ。


Share
武上

武上

 18歳の時、人生の最大の選択ミスをしてしまい、いきついた場所として山梨県人となる。  その後、建設業に身を投じたが、結局自分の性格と合わない事を理由に上京。  上京後、世間で話題になりつつあったアニメ・ゲーム業界の人間となり、コンテンツ業界を含む数々の著名人と同じ土俵でマルチメディアなる仕事をする。  知られざる世界の、その氷山の全体像を十分すぎるほど見た後、家庭の事情で再び山梨へと帰還。  しかし、この帰還もやはり人生の選択ミスだったかもしれないなぁ…と最近思い始めた今日この頃。  今は地元の精密部品製造会社の営業管理という地味な職につき、いつか再びやってくるだろう夢を信じて隠者的生活を送っている…ハズだったのだが、またしても家庭の事情で運命は波乱の様相を見せ始めた。  私の人生は一体どの方向を向いているというのだろうか? ※最近Facebook等で何を血迷ったのか本名を晒し中。 連絡先:takegami@angel-halo.com (@を小文字にしてください)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。