Angel Halo

DQHDのQLED曲面モニタ

5,120×1,440ドットのゲーミングモニタ。

Odyssey G9

Samsung Electronicsが、49型QLED曲面ゲーミングディスプレイ「Odyssey G9」を今月6月よりグローバル展開すると発表した。
この「Odyssey G9」は、今年初めに行われたCES 2020にて発表された製品で、当初は2020年末頃に発売予定としていた製品である。
見よ、この曲率を…QLED、つまり量子ドットLEDバックライト技術を採用する歪曲率1,000Rの液晶パネルを採用しており、その解像度はDQHD(Dual Quad High-Definition:5,120×1,440ドット)という、32:9のモニタになる。
リフレッシュレート240Hz、中間色1msの高リフレッシュレートをサポートし、最大1,000cd/平方mの高輝度HDR表示も可能という、あらゆる理想が実現するモニタと言える。これだけの高リフレッシュレートを実現しているので、FreeSync Premium Pro、G-SYNC Compatibleもサポートする。ゲーミングディスプレイと銘打っているだけの事はある。
この高性能パネルは駆動方式はVAで、色数は10億7千万色、コントラスト比2,500:1、基本輝度420cd/平方m、sRGBカバー率125%、AdobeRGBカバー率92%と、かなり私の理想に近い性能を持っている。
インターフェースは、DisplayPort1.4、HDMI2.0、USB3.0 Hub(ダウンストリーム×2)、ヘッドフォン端子で、それぞれがいくつあるのかはまだ不明である。
置き場所さえあれば実に欲しいと思える製品なのだが、現時点ではその価格もまだ不明で謎の多い製品である。

LG製品の対抗馬は?

これだけの高性能パネルとなると、製造できるメーカーは限られるわけだが、個人的にはライバルとなるであろうLG Electronicsでも製造可能なのではないかと考える。
横長ディスプレイは、一般的なディスプレイからすると需要は高くはないが、最近はゲーミング用途を中心に横長モニタが注目されているところはある。
というのも、縦にある程度の長さがあるよりも、横に長さがある方が臨場感を出せるという事と、単純に視野角が広がる事から、同じゲームをプレイしていても没入感が全く違うと言える。
また、クリエイティブな用途でも、横長にする事でいろいろな画面を横並びにして表示できるので、作業効率が上がる。4Kモニタよりも実は単純に横長の方がいい、という人もいるぐらいである。
そうした需要に応える製品を開発するかどうかにもよるが、ぜひLGにも対抗製品を開発してもらいたいところである。
ただ…たしかLG Electronicsも、CES 2020で横長モニタをいくつか展示していたハズなので、近々そういった製品の発売があるのではないかと思うが、現時点では「34GN850-B」という34型の3,440×1,440ドットのモニタを発売したのみで、そこから次のアクションがない。

Continue reading…

配信に必要なもの

Blog右サイドバーの「オススメ商品」を入れ替えた。

配信機材の紹介

Screenshot of Blog.angel-halo.com
Blogの「オススメ商品」を長い間更新せず、ずっと同じものを掲載していたのだが、それではあまり意味がないという事で見直す事にした。
その際、どうせなら何かテーマを持たせてそれに関連する商品を並べた方が良いかも知れない、と思い、オススメ商品10品のラインナップをすべて「配信する為に使用するもの」に統一してみた。
もちろん、商品の選別は私の独断と偏見で行っているが、意味があってこのようにしているので、今日は私が何故このラインナップにしたのかの一部を簡単に書いていきたい。

無線LANルーター

まず…一番重要なものとして、無線LANルーターを紹介した。BuffaloのWXR-5950AX12を紹介したのは、私も現在試用しているから、というのもあるが、まずWANと有線LANのそれぞれに10Gbps通信可能なポートを民生品で持っている機器だという事。
このWXR-5950AX12の後発品は他メーカー製品も含めてWANは10Gbpsに対応したポートは持っていても、何故か有線LANは1Gbpsポートしかない、というものが多い。最近はWi-Fi接続が多いから、というのがその理由かもしれないが、PCゲームで安定した通信をしたいという理由で有線LANを使用している人も多いと思う。そんな時、もし10Gbps回線サービスを契約している人なら、有線LANだって10Gbps通信を可能にして欲しい、と思うだろう。本機WXR-5950AX12なら、それが実現可能なのである。
実際には10Gbpsでの通信というのは夢また夢の話ではあるのだが、少しでも通信速度を余裕をもって高めて行きたいなら有線LANだって10Gbps対応の方がいい。そんな希望を叶える為に、本機をオススメ品とした。

オーディオI/F

ウェブキャスティングミキサーという名称で正確にはオーディオインターフェースというわけではないのだが、機能的に近しいのでオーディオインターフェースとしてYAMAHA AG03をチョイス。
最近は配信ソフト側で取り込んだ音のミキシングも出来てしまうので、ミキサーをあえて外部に求める必要も無いのだが、マイクからのボイスやボーカル含め、もっといろんな音を取り込むという事を想定して、あえてオーディオインターフェースは外付けを推奨したい。
マイクだってUSB接続なら直接デジタルでPCに取り込めるのだからそちらの方がいい、という人もいるが、PCで全ての事をこなそうとすれば当然PCの負荷も高くなるので、ノートPCなどではちょっと力不足になる事もあり得るわけで、できれば外部機器と分業で処理できるならそちらの方が良い、という理由でこの製品を奨めている。
外付けなのでノイズの心配もPC内蔵よりはしなくても済むし、何より物理的に別なので理解しやすい。PCが変わろうがどうなろうが、AG03さえUSB接続できれば音は入力できる、と考えれば、環境が変わっても扱いは同じにできるという利点も含めてオススメしたい。

Continue reading…

Steamサマーセール

今年もこの時期がやってきた。

特別価格のサマーセール

ValveがPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」において、サマーセールを開催した。サマーセールの期間は6月25日から7月10日の3時までで、今回はいつもとちょっと違うキャンペーンも実施されている。
そのキャンペーンとは、3,000円分購入すると、次回の買い物で500円の割引を受けることができる、というもので、今回のセール品における割引サービスだけでなく、次へと繋げる割引サービスとなる。
セール対象タイトルは多岐にわたり、幾多のジャンル作品がセール品となっているが、フロムの人気タイトル「SEKIRO: SHADOWS DIE TWIC」が35%オフの5,434円だったり「Half-Life: Alyx」が25%オフの4,717円など、実に多くのタイトルでセールが行われている。
詳細は公式サイトで確認してみて欲しい。

Steam サマーセール
https://store.steampowered.com/points/shop恒例のサマーセール

PCゲームプラットフォーム

以前から、PCゲームのプラットフォームがいろいろと存在していて、最終的にどのプラットフォームを使えばよいのか、悩む事があった。
結局の所、自分の気に入ったゲームを配信しているプラットフォームを使うしかないのが現実的な話になるのだが、時に複数のプラットフォームで同じゲームを扱う時があったりする。
例えば「Civilization VI」などは、「Steam」でも扱っているが「Epic Games」でも扱っているので、どちらのプラットフォームが良いのか等悩む事もあるが、結局はそのプラットフォームで安く買えるかどうか、というポイントが大きいように思う。
「Epic Games」では、以前にいくつかのPCゲームが期間限定で無料配信されていて、私は「Grand Theft Auto V」と「サムライスピリッツNEOGEO COLLECTION」を無料購入した。
別にプラットフォームは何でもよいのだが、結局このような提供サービスがあるかどうかで、そのプラットフォームを使うかどうかが決まると思うので、ほとんどの人はプラットフォームを統一するというよりも、安いプラットフォームを複数にわたって使い分ける、という使い方をしているのではないかと思う。
そう考えると「Steam」のサマーセールのようなイベントはものすごく有利な手法で、PCゲームで遊ぶ人をごっそりと取り込むチャンスと言えよう。

Continue reading…

DUALSHOCK4、品薄?

PS5の発表もあった事で、既に生産していないという事かもしれない。

定価で見かけない

私はPS4 Proを所有しており、当然そちらに付属していたDUALSHOCK4を使用している。
しかし、実はWindows PCに接続する為に、旧世代のDUALSHOCK4も所有している。
実はDUALSHOCK4は、一度バージョンアップしていて、旧世代の製品はライトバーの光がコントローラーの側面からしか確認できない仕様だったが、今の新しい製品は、ライトバーの色がコントローラーのタッチパッドの一部が透けて確認できる仕様になっている。
また、パッと見ただけでも違いがある部分があり、十字キーやボタンの樹脂の色が灰色系になっているのが新型のDUALSHOCK4だったりする。
品薄なのか高騰中この新型が登場したのは、2016年のPS4 Proや、PS4 Slimが登場した時で、より使いやすく改善されたもの、と思って間違いない。
そんな新旧あるDUALSHOCK4だが、旧型はほぼ未使用品は既に存在せず、今買えるモノは新型のみになっているが、その新型のDUALSHOCK4に関しても、ネットでは定価で買える状態ではなくなっている事に気付いた。
Amazon.co.jpでは、軒並み定価以上の価格で販売されており、定価以下なのは中古品ばかりである。
それを反映してか、ヤフオクに関しても状況は同じで、人気色ともなれば価格は跳ね上がり、時に1万円を超える価格で売り出されている。
また、ネット通販のyodobashi.comなどを見ても、定数の販売を終了した、となっており、そもそも在庫がない状態である。
これは本格的に品薄で、既に生産していない事から起きている問題なのかもしれない、と感じた。

已む無く必要になった

何故こんな話をしたかというと、新しいDUALSHOCK4に入れ替えようかと考えた為である。
前述したWindows PCで使用している旧型のDUALSHOCK4のR2レバーがどうも動作不良で、1回レバーを引くと2回引いたとカウントしているようで、入力に不都合が生じたのである。
FF14などで操作していると、XHBの入力でイキナリ想定していない拡張メニューが表示されたりして、戦闘中などで思った操作ができないのである。
そこで当初はR2レバー部分を交換等行う修理を考えたのだが、自分で修理できるだけのスキルもないし、とりあえず予備も持っておいた方が良いだろうという事で、今回一つ買い足す事を考えた。
で、Amazon.co.jpで調べると価格が異常な状態になっており、その他のECサイトなどを調べても品切ればかりという事態に気付いた。
「これは…PS5の予兆かもしれない」
というのは私の想像でしかないが、これから先そんなに売れるものでもないという判断の下、生産を絞っている可能性はある。その余波として全体的に品薄状態になっている事が、価格高騰の原因なのかもしれない。

Continue reading…

物欲の優先順位

コレ、私にとってはとても大きな問題だったりする。

判断がつかない

昨日、Appleの発表からApple Siliconの話題が飛び出て、年末にはApple Silicon搭載Macの一般向けが発売されるという情報が入ってきた。
Airよりもコッチを選びたいその対象となるMacが、Mac miniとMacBook Pro 13インチだという話が本当だとすると、今年のMacBook Pro 13インチを購入しようとしていた私からすると、とても判断が難しい状況となってしまった。
その事について、昨日のBlogにも詳細は書いたのだが、昨日書いた内容とは違う見方をしている専門家もいる。

impress PC Watch 笠原一輝のユビキタス情報局
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/1260735.html

この記事によると、Apple Siliconへの移行は相当にスムーズだろうという事である。
確かに最近のプログラム開発では、ISAやプラットフォームに依存しないコードへほとんどのソフトウェアベンダーが移行済みだろうと思う。
そうなると、UIの違いなどの問題さえクリアしてしまえば、コンパイルする段階でどちらのコードでアウトプットするかなど、些末な問題なのかもしれない。
しかも、3DモデリングソフトのMayaがエミュレータである「Rosetta 2」で想像以上にグリグリと動いているというから考えても、イキナリのApple Silicon搭載機であっても、すぐにメイン機として使用出来るレベルで使えるものになっているのかもしれない。
あくまでも私が実際に見ているものではないし、専門家でもないので、最終的な判断など出来ようはずもないのだが、これらの話を事実として捉えるなら、安易に今MacBook Pro 13インチを購入する事が正しい、とは言えない。
ただ、来年前半に登場するApple Silicon搭載機種がMacBook Pro 13インチの次期モデルだとするならば、一つ確実に言えるのが今販売しているMacBook Pro 13インチはIntelコア搭載機としては最後の機種になる、という事である。

何を優先すべきか?

ノートPCの必要性ももちろん高いのだが、デスクトップPCの更新も考えねばならず、ノートPCとしてはMacBook ProのApple Silicon版が登場するタイミングと、デスクトップPCのCPUで次に採用予定のZen3が登場する時期が年末から来年初めになる事から、この2つの入手問題は時期的にバッティングする可能性が高くなってきた。
こうなると、何を優先して選択するかという事がとても大きな問題になるし、さらにPCだけでなく、ディスプレイの更新などを考えると、さらに購入予定のものの優先順位が複雑化する。
今、優先順位を比較的高めに取っているのが、ノートPCの更新、デスクトップPCの更新、ディスプレイの更新、とこの3つなのだが、どれも予算的に10万円を超える費用が計上される。
しかもディスプレイの場合は、既存機種で良いのか、それとも理想とする製品が発売されるまで待つのか、という問題もついて回る。一応、予定としては登場する事になっているのだが、コロナウィルスの関係で時期が延びている可能性が高い。
こうして並べて考えてみると、不確定要素がすべての案件に含まれていて、それがより判断を鈍らせる。
わかっている事だけで考えれば、MacBook Pro 13インチを今のタイミングで購入してしまえば、メリット・デメリットは明確に見えてくる。結果としてデスクトップPCの更新はさらに後ろ倒しになり、モニターに関しても製品が出るであろう時期まで待つ事が確定するからだ。
逆にデスクトップPCを選択すれば、ノートPCの更新は来年の半ば以降へとスライドし、ディスプレイも来年半ばぐらいまで予定がスライドする事になる。
ディスプレイを選択すれば、今販売している機種から最適な機種を選択し、その後残った予算でノートPCを有線するかデスクトップPCを有線するかの選択肢となる。
結局、今の時点では何か一つに決断を下さない限り、最終的な予定は何一つ決まらないという事になる。

Continue reading…

新Macに迷う…

WWDC 2020で、遂にAppleのAシリーズを母体とした半導体が発表された。

A12Z Bionic

AppleがWWDC 2020で遂に自社半導体となるApple Siliconを発表した。
コレにより、次期Macは徐々にIntelコアからApple Siliconへ切替が進む事になるわけだが、Appleの言い分ではその移行は2年かけて行うとしており、今後もIntelコアのMacも開発、販売していくという。
だが、Apple Siliconが登場する事で、間違いなく今後のMacはApple Siliconでの運用を主として考えるわけで、2年後にはIntelコアを搭載したMacは以前のPowerPC搭載Macのように肩身の狭いハードウェアになっていく事だろう。
また、そのApple Siliconを搭載したMacの登場時期も思ったより早く、2020年内には搭載したMacを発売するという。
Appleの言によると、まずはMac miniとMacBook Pro 13インチがApple Silicon搭載モデルとして登場するらしいが、年内発売はおそらくMac miniのみでMacBook Pro 13インチのApple Silicon搭載型は2021年前半になる、と予想されている。
また、デベロッパー向けではあるが、Apple Silicon搭載の既に稼働するMac miniが存在し、デベロッパーにはそれら開発機を提供する用意もあるらしい。搭載されているApple SiliconはA12Z Bionicで、A12コアのGPUなどを強化したバージョンのコアになる。こういうものが既に存在しているとなると、年内にApple Silicon版iMacが発売されるという話も、信憑性が高まるというものである。
このような発表となった結果、一番困るのが今まさにMacBook Pro 13インチを購入しようかどうしようかと考えていた人達…つまり私である。

IntelコアMacの不安

Appleは今回の発表でApple Siliconへの移行を2年かけて実施する、としている。
予想はしていたけれど、ズバリ来るとは…これはAppleが発売するMacの全ての機種での移行という意味らしいが、MacBook系などを見ていると、毎年マイナーチェンジ等している事を考えれば、いくつかの製品においては2年の間に複数の製品が提供される可能性もある。
私の思うところを言うと、一番最初のApple Silicon搭載Macの性能は、Intelコア搭載のMacほど安定性は高くないように思っている。つまり、OSや一部のアプリケーションはApple Siliconに対してネイティブなアプリケーションになるだろうが、全てにおいて安定したネイティブ化が進むわけではない、という事である。
一応WWDC 2020の中では、OSとしてBig Sur、MicrosoftのWord、Excel、PowerPoint、AdobeのLightroom、Photoshop、AppleのFinal Cut Proなどがネイティブで動作している事が発表されたが、その他はBig Surの上で動作する「Rosetta 2」というエミュレーションで動作しているデモが行われた。
別にエミュレーションが悪いと言っているのではないが、これらがApple Silicon及びIntelコアの双方で動作する「Universal 2」アプリケーションとなるには、まだ時間が必要だという事を暗に示している。
Appleはこの2年の移行期間中は、そのほとんど全てのアプリケーションを「Universal 2」化、つまりApple Siliconでも動作し、Intelコアでも動作できるよう、各デベロッパーに注力していく事になる。
これにどれだけの時間がかかるかはわからないが、優遇されるのは間違いなくApple Siliconで動作させる側だと考えられる。
というのは、現時点でApple Siliconでのみ動作するアプリケーションに関して、Intelコアでも動作させられるようなエミュレーション機能を発表していないからだ。
つまり今の発表内容だけだと、Apple Silicon搭載Macだと、ネイティブアプリケーションは動作し、Intelコアベースのアプリケーションは「Rosetta 2」で動作し、どちらのCPUでも動作する「Universal 2」アプリケーションも動作するが、Intelコア搭載Macだと、今後登場するApple Siliconのネイティブアプリケーションが動作しない、という事になる。
これはある意味、2020年内にMacBook Pro 13インチを購入しようかと考えていた人からすると、未来に不安を残す要素でしかない。

Continue reading…

まさかの検査延期

こんな事があるのか…?

腸内洗浄が完了しない

今日、本来なら大腸内視鏡検査の予定だった。
順当なら検査できていたはずだが…それに併せて、前日から下剤の準備をしたりして用意を調えていたし、今日は朝からマズイと言われていた「ニフレック」を2リットルも飲み、腸内洗浄を続けていたのだが…結果からいうと、検査できない、という結論に至った。
理由は腸内の洗浄が完了しないから。
下剤を飲み、腸内を綺麗にする為のいろいろな事をやったが、結果的に大腸内視鏡検査が可能なレベルまで腸内を洗浄しきる事が出来なかったのである。

今日は、朝から4錠+2錠の下剤をまず飲み、その後腸内を洗浄する「ニフレック」を飲み始め、結果、10時前には2リットルの「ニフレック」を飲み終わり、トイレに何度か駆け込むという事を繰り返していた。
その後、病院に行き現状の投薬説明と腸内状態の確認を行ったのだが、そこでの判定としてはまだ洗浄が足りない、というものだった。
どうも私自身が緊張していたが故に、腸内のものを出し切っていないようで、内視鏡を入れるまでに至らなかったようだ。
結果、病院でもさらに1リットルの「ニフレック」を追加で飲む事となり、腸内洗浄を続けたが、結果、洗浄しきれず、今日は大腸内視鏡検査は無理、という判断となった。

翌日へ

大腸内視鏡検査が今日は無理、と言われたとしても、折角ここまで洗浄した状況があるので、この状態は有効に使いたい。という事で、大腸内視鏡検査は明日実施という事となった。
正直、仕事を休んできているので、ここでさらっと「検査は翌日に延期です」と言われても困ると言えば困る。それに、明日大腸内視鏡検査をしたとして、そこで大腸内にポリープでも見つかろうものなら、さらにそこから最低でも1日入院する必要が出てくる。
もう予定が全て狂ってくる。
実際、水曜日に入れている予定がかなりあり、万が一明日の検査から一日入院が追加されると、それら予定を全てキャンセルという事になるので、今回の延期は痛いとかいうレベルの話ではない。明日の検査は大腸内に何も見つからない事を祈るしかない。

Continue reading…

大腸内視鏡検査の準備

胃カメラと違ってやる事が大がかりなのがイヤだねぇ。

前日からの準備

今年の健康診断で大腸に関して「要検査」としてD判定が出た。
実は…昨年も出ていたのである。なので、昨年も大腸内視鏡検査を予約するところまでは行ったのである。ただ、昨年は当日になって蜂窩織炎が発症、高熱で病院にかかり、結果、その予約では大腸内視鏡検査を行わずキャンセルした。その後、再予約して受けようと考えていたのだが、多少時間を掛けすぎた事と重なって、母親が右腕を骨折し入院、という事態となったため、予算的に大腸内視鏡検査を断念した。
何故予算的に断念したかというと、大腸内視鏡検査で大腸内にポリープが見つかった場合、その場でそのポリープを切除するのだが、その場合、1~3日の入院となり、かかる費用が結構大がかりになるのである。
ポリープが100%ない、と言い切る自信がなかった事もあって、結果昨年は大腸内視鏡検査を諦めた。
しかし、今年の健康診断でもやはり大腸にD判定が出てしまったため、今年こそは受けねばなるまい、と先日大腸内視鏡検査を予約し、その予約日が明日だったりする。
昨年も予約時にいろいろと前準備が大変だという事は訊かされていたので、今年の予約時にももう一度説明を受けてその準備を改めて再確認したが、やはり結構面倒くさい事が沢山あり、準備そのものはもう3日ほど前から行っている。
まず、3日前ほどから腸内に残りやすいものを食べない、という事を続けている。海藻類や豆類、あと食物繊維の多い葉物はダメで、食パンや豆腐などが良い、とされているので、結構限定された食事をここ3日続けている。
そして前日である今日は、そこからさらに準備が必要で、明日検査当日の朝から飲む事になる下剤「ニフレック」を作る事から始めた。

ニフレック

この「ニフレック」とは、ポリエチレングリコールという薬剤が含まれたもので、元々は粉状のものなのだが、コイツを2リットルの水で溶かして、明日はこれを2時間かけて飲むことになる。
マズイと噂のニフレック水は腸内で吸収されるので、腸内洗浄として飲んでもあまり意味はないのだが、この「ニフレック」ならば腸内で吸収される事なく排出されるので、大腸内視鏡検査ではよく使われるらしい。
で、問題はこの「ニフレック」がマズイという事。一応、味としては「さわやかレモン味」らしいのだが、ポカリスエットほど味が濃いわけではなく、またサッパリもしていないそうで、飲みにくいのだという。
なので、少しでも飲みやすくするため、冷やしておくと良い、という事なので、前日に2リットルの水を加えて先に作っておくのである。実際には先に1リットルの水を加えて粉を溶かすのだが、この粉状のものが固まって固体になっている時があり、それを溶かすのが結構大変だったりする。そしてあらかた溶けたなら、そこにさらに1リットルの水を加え、最終的に2リットルにして冷蔵庫である。
さらに、翌日の朝から排出しやすくする薬を前日夜9時ごろから飲み、明日に備える…というのが、先日の準備である。

Continue reading…

マイナンバーカード申請

今まで放置していたが、遂に申請した。

自宅で証明写真撮影

マイナンバーカードに関連した「通知カード」が5月末で使用出来なくなる、という話は、当Blogの2020年5月23日に記事にもしたが、その通知カードの記載内容に変更がなければ、とりあえずはマイナンバーの証明書としてまだ使用出来る状況にはある。
但し「通知カード」はあくまでも通知カードであり、身分証明書としては機能しないというのは、以前から変わらず、どこかのタイミングでマイナンバーカードを申請しなければならないな、とは思っていた。
我が家の場合、自分一人でならいつでも申請できたのだが、ウチの母親が自分の顔写真を撮影するにあたって、サッと撮影して準備する、という事ができないので、その母親の申請に併せて私もまだ未申請のままだった。
母親は足が悪いので、証明写真撮影の野外にあるBox等での撮影もできず、また背景が無地の状態をなかなか作れなかった事もあって、申請が遅れていたのである。
で、先日記事にもしたが、背景スタンドと背景布を購入したので、それを使って顔写真を自宅で撮影する事にして申請する事を考えたわけである。
その後、撮影の準備等がなかなか出来なかったので、しばらく時間を空けてしまったが、本日その撮影を敢行、スマホで撮影し、そのままオンライン申請する事とした。
自宅での撮影だが、そもそもウチは狭いので中々適した撮影場所がない。しかも居間は外から採光できるような窓がないので、結局頼りになるのは天井の照明だけなので、影が映らないように撮影するのは至難の業である。
とりあえず背景スタンドと背景布を使って、背景は無地にする事はできたが、室内の照明から距離を取らないと影がそのまま写ってしまう。室内照明と背景の場所、角度、照度をいろいろ考えて、何とか最適な場所を見つけ、撮影をしたのだが、この撮影だけで結局1時間はかかってしまった。
ただ…母親のメガネの角度が悪かったのか、そのメガネに入った光が思いの外顔に強く当たっていて、それがちょっと心配ではあるが、結局その光はどうしても避ける事ができなかったので、その条件の写真を使って申請する事にした。

オンライン申請

マイナンバーカードの申請は、以下のサイトでその申請方法を確認する事ができる。

地方公共団体情報システム機構
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

Screenshot of www.kojinbango-card.go.jp

ここで、マイナンバーカードをオンライン申請する方法として、スマホで申請する方法とPCで申請する方法を紹介している。
私は今回、あえてPCで申請する方法を選んだ。
スマホの場合、QRコードで申請できるので、申請書IDの入力等を回避する事ができる場合があるので、そちらの方が楽かもしれないが、何故か私の環境でQRコードから申請したら、結局申請書IDを入力する必要があったので、それならばとPCからの申請で進めた。
メール連絡用のメールアドレスや名称を入力し、申請書IDを入力すると、メールアドレス確認の為に一度機構から送られてくるメールを受信し、そのメールからその後の申請を続ける事になる。
その後、顔写真データをアップロードするのだが、その時にスマホで撮影した先程の画像をアップロードする。私はスマホの写真をOneDrive経由でPCにダウンロードしているので、その方法でスマホから写真データを移動した。
顔写真データは、機構がトリミングしてマイナンバーカードに使用するので、大きめに撮影したデータを用意する方がいいだろう。最近はスマホアプリで証明写真を撮影できるガイドが出てくるカメラアプリがあるので、そういうので撮影しても良いが、その場合でも、できれば背景を広めに撮影して、全体の画像を大きめにしてアップロードした方がよいだろう。
人によってはPhotoshop等で加工した顔写真をアップロードしようと考えているかもしれないが、あまりやり過ぎると使用出来ない、という事になるので、盛るのはほどほどに(爆)
アップロードが終われば、あとは生年月日の確認と電子証明書の発行希望有無、氏名の点字表記希望有無を入力して終了である。
気になるのは「電子証明書の発行希望有無」という部分で、コレ、希望しないと答えるヤツがいるのか?
そもそもマイナンバーカードを取得する理由の一つがコレだろうに…。
「氏名の点字表記希望有無」は、まだ選択肢がある意味がわかるが、何故に「電子証明書の発行希望有無」があるのか、私には今一つ理解ができない。政府のやる事はホントにわからない事が多いのが問題である。

Continue reading…

新しいMicrosoft Edge

ChromiumベースとなったMicrosoft Edgeは使えるのか?

いきなりのアップデート

本日、ウチのPCの環境でWindows Updateがかかり、再起動を促された。
再起動後、画面のど真ん中に表示されたのは、Microsoft Edgeが新しくなった、というものだった。
何でもChromiumエンジンベースとなり、世界最高クラスのスピードとパフォーマンスを実現、使用頻度の高いサイトや拡張機能とのWebサイトの互換性を確保できるようになった、という事らしい。
要するに…Microsoft EdgeがGoogle Chromeと同じベースラインに立った、という事にも聞こえる話なわけだが、もし私の解釈が間違っていないようなら、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeという3つのブラウザが全て同じラインに立った、という事になるのではないだろうか?
Firefoxも以前に試した事があるのだが、結局は使う事を止めてしまった。理由はたとえブラウザがChromiumベースと同じでも、Google ChromeだとGoogleアカウントにログインして使用している関係から、他のGoogleサービスとの連携が取りやすかったからだ。
なので、Microsoft Edgeも同じ結果になるだろう、と予測しつつも、とりあえず新しくなったというのだから使ってみるのも一興と思い、とりあえず起動、試しに使用して見た。

恐ろしく軽い?

Windows10に切り替えて、初めてMicrosoft Edgeを使用した時にも感じたが、Microsoft Edgeはとにかく軽い。
以前のMicrosoft Edgeが軽かった理由は、今までのInternet Explorerで背負っていたものを全て取り去り、新たに構築したエンジンと機能群を持っていたからだが、今回のMicrosoft Edgeは、アップデート後の起動時にGoogle Chromeの利用状況を確認して、同じプラグイン等を最初から実装し、ほぼGoogle Chromeと同じ利用体験が可能な状態で起動する。
なので、最初からGoogle Chromeと利用する違いをあまり感じずに使う事ができるので、利用機能を比較するというよりも、いきなりその利用速度を比較する事がとても容易に感じられた。
新しいMicrosoft Edgeそして、その利用速度だが…Google Chromeより圧倒的に軽い。体感的なもの、という部分は否定はしないが、それでも動作の軽さは使ってみればわかる。明らかに軽快なのである。
おそらく同じChromiumエンジンベースといっても、何かが違うのだろう。操作していてすぐにその違いが目で、手で、感覚でわかるのである。
ただ…なぜ軽く感じるのかの理由はわからない。ひょっとしたら、今現在インストールされたばかりで、キャッシュされたデータがほぼない為、まっさらな状態で動作しているからかもしれない。このまま利用を続けていれば、次第に重くなり、結果Google Chromeと同じ結果になる可能性も否定はできない。

Continue reading…