2レス

  1. ruser
    2016/04/11

    APS-Cで24MpixのK-3でさえ画素ピッチの小ささの影響で高感度耐性が低く、回析の影響が出始めるのがF8を越えた辺りと低くなっていました(回析の影響はデジタル補正機能が追加されてF11まで改善しましたが)。
    ミラーレスはデジタル補正が前提のカメラだとしても、光学的に限界が近いのは目に見えていますね。
    何だかNikonD800が登場した時の画素数競争が再燃してる様で、一消費者としては怖いですね。
    確かに画素数が多いとトリミング耐性が高くなるし、精細な描写が出来ますが、システム全体のバランスが崩れそうで怖いですね。
    個人的には画素数は20Mで頭打ちにして、絵作りするエンジン部の強化こそがm4/3の向かう方向なんじゃないかと思ってます。

    それはそうと、フラッグシップの更新は楽しみですね!(価格は置いといて…)

    返信

    • 武上
      武上
      2016/04/11

      今後、総画素を増やす方向に向かう技術の一つとして、ハイレゾショットが進化していくのではないかと思います。
      噂ではE-M1に手持ちハイレゾショットが実装される…というのもあるので。
      でも、私としては手持ちハイレゾショットはタイムラグを受け入れる技法なので、動きモノでは結局実現できないワケで、時を切り取るという表現をする上では切り取れない際宇ではないかな、と思う。

      とりあえず次期E-M1は、夏前に一度新型の姿が見え隠れして、秋口にもう少しカッチリした概要が見えてくるだろうから、今は待つしかないですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

トップに戻る