Angel Halo

iPhone Xのケースを交換

以前、落下した事から手帳型のケースに戻したのだが、再びケースを交換する事にした。

薄さが欲しい

愛用しているiPhone Xをちょっとした事で落下させ、キズが付いたと思っていたら、とりあえずその時はガラスフィルムが欠けただけですんだので、バンパーのみで運用していた状況をやめ、手帳型ケースへと戻した、という記事を当Blogで書いたのが2020年7月25日の事。
その後、手帳型ケースで運用を続けていたのだが、やはりこのケースだと分厚くなってしまって使い勝手が非常に良くない。しかも、この厚みが原因で今度は手帳型ケースごと落下させるという事態を引き起こしてしまった。
これでは本末転倒という事で、iPhone Xのケースを見直す事にした。
もともと、私がiPhone Xをバンパーで運用していたのは、身に付けて薄さのメリットを享受する為であり、一度その使い勝手を知ってしまうと、手帳型は安全性こそ感じるものの、使い勝手は非常に悪い。なのでバンパーで使っていたところ、落下による危険性を感じ、手帳型に切り替えた。しかし、今度は手帳型で安全性を脅かす事となった。それならば、もう一度バンパー型、もしくはそれに準じる形で使い勝手と安全性を目指すしかない。
というわけで、基本的にはバンパー型で探し、それに類似する安全性をもつ製品が見つかれば、それを検討しようと考えた。
バンパーではないけれど、メリットが多いように思えるすると、このような製品にたどり着いた。既に購入したのだが、背面部分にもカバーがあり、そのカバーは半透明仕様になっている。

【Humixx】iPhone Xs ケース iPhone X ケース 米軍MIL規格取得 耐衝撃 半透明 マット加工 黄ばみなし レンズ保護 ワイヤレス充電対応[Shockproof Series] (マット・ブラック)

バンパーの使い勝手

いざこの製品をカバーとして使ってみると、その使い勝手はバンパーと同等であった。
背面にカバーがあるので多少厚みを感じるが、握った感じがバンパーと変わらないのは実に良い。問題は落下に対する安心感だが、これはiPhone Xのフロントががら空きなので、手帳型ケースには到底及ばない。なので落下させた時、フロントが被害に遭うという面においては危険度は大きく上がる。
しかし、ここで考えなければならない事が一つある。
それは、Appleやdocomoの本体故障の保険を使う場合、フロントの液晶が割れた時はフロント液晶の破損という理由で保健適用になるが、背面のキズの場合はガラスが割れた状況であっても、本体破損という扱いでの修理になる。これに架かる費用は実に大きな価格差となるので、できれば背面はフロント液晶よりも厳重に守りたい部分になる。
なので、これらの判断から前述の製品をチョイスする事にした。
フロントはがら空きかもしれないが、少なくとも背面はガッチリ守られるし、それでいて厚みは薄くなる。一挙両得とはこの事である。

Continue reading…

PS5よりも上に行かねば…

PS5が来月12日には発売されるが、その時、我がメインPCはコンシューマ機に膝を屈する事になる。

絶対性能では上だろうけれど

以前にも当Blogで記事にした事があるが、来月12日のPS5とXbox Series Xが発売されると、とうとうコンシューマ機のCPUは8コア16スレッドが標準という事になる。
ゲーム機が8コア16スレッドの処理性能を持つのである。数年前では考えられない話だ。
私のメインPCはCPUがIntel Core i7 8700Kであるため、そのスペックは6コア12スレッドになる。当時としてはもちろん最上級のスペックだったが、その1年後にはRyzenが発売され、8コア16スレッド製品が一気に普及し始めた。
IntelもそのRyzenに引っ張られるようにマルチコア化が進み、今ではミドルレンジは物理8コアが当たり前になり、ミドルハイになると8コア16スレッド、10コア20スレッドが当たり前になった。
PS5やXbox Series Xで使用されるAPUは8コア16スレッドではあるものの、GPUはCPUと同じシリコンダイに乗っているものなので、マシンの総合パワーでいえばまだウチのメインPCの方が処理能力は上かもしれないが、それらはすべてGPUの性能による優位性であって、CPUの処理能力としては既に下回る事になる。
このような事態は今まででは考えられない事だが、事実として今のコンシューマ機がここまでの性能になった事実は揺るがない。
メインPCをハイエンド、もしくはミドルハイの性能として保持してきた私からすると、ある意味、屈辱的でもあり、高いハードウェア構成でPCを作ってきた事を考えると、このまま終わっていいのか? と自問自答してしまう自分がいる。

組み直すか

と言うことで、11月に発売が開始されるRyzen 5000シリーズを視野に入れて、新PCを組む事を考える必要があるかも知れない、と思い始めた。
Ryzen 5000シリーズは、そのIPCの高さはIntel製CPUを超えるものと言われている。それ故、今までどうしてもIntelを超える事のできなかったシングルスレッドでもその性能を上回る可能性があり、さらに前モデルからキャッシュを共有するCPUの数が4コアから8コアへと改善された事で、さらなるレイテンシの除去に成功したと言われている。
であるならば、少なくとも私がRyzen7 5600X以上のCPUをチョイスした時点で今のメインPCの性能を超える事になる。
私は次のメインPCは少なくとも物理8コア以上のものを採用しようと考えていたので、現時点での最低ラインはRyzen7 5800Xになる。この時点で8コア16スレッドが基準になるのだが、それだとPS5やXbox Series Xと同等という事になる。
その上を行こうと考えるなら、Ryzen9 5900XかRyzen9 5950Xを選択する必要がある。
16コアの最高峰CPU単価で言えば、72,000円前後もしくは105,000円前後の予算を用意する必要がある。結構厳しい価格だな、というのが本音だが、16コア32スレッドの性能を105,000円前後の価格で買える時代になったと考えると、相対価格で言えば安い時代になったと言える。
また私の場合、CPUをRyzenにする事でマザーボードも交換する必要がある。つまり、一部のパーツの更新でどうにかなるという話よりはずっと深いレベルで新規組立をする必要がある。
予算というレベルで言えば、結構重量級のPC組立になる事は言うまでもない。

Continue reading…

聴覚学博士のイヤフォン、再び

Noble Audioのワイヤレスイヤフォンの後継機が発売する。比較的低価格なのが良心的。

FALCON2

Noble Audioというメーカーがある。
当Blogでも前機種の記事を書いた時にちょっと触れたが、聴覚学の博士号を持つジョン・モールトン博士が設立した会社がNoble Audioである。このNoble Audioから発売されたのが「FALCON」という名の製品で、値段の割に良い音で鳴らす事のできる左右独立型ワイヤレスイヤフォンである。
この「FALCON」の後継機種として、今回「FALCON2」が10月30日に発売される事が発表された。
聴覚学から考えられたイヤフォン「あらゆる角度でFALCONを上回る、完全ワイヤレスイヤフォンの理想を体現する」という名目の製品で、価格は店頭予想価格で13,900円前後になるという。
「FALCON2」の心臓部になるSoCは、Qualcommの最新世代チップ「QCC3040」を採用しており、左右のイヤフォンそれぞれにデータを伝送する「TrueWireless Mirroring」にも対応する。左右で一つのBluetoothアドレスを共有し、ペアリングする時には接続元デバイスには1つの接続先として表示、一度ペアリングするだけで使用する事ができる。他にもイヤフォンのロールスワッピング機能にも対応し、バッテリーの片減りを防止する。
この「TrueWireless Mirroring」はAndroidデバイスだけでなく、iOSデバイスでも利用可能なので、Qualcomm基準の技術だからといってAndroid専用の機能ではないのはありがたい所である。

aptX Adaptive

「FALCON2」は、BluetoothのコーデックとしてSBC、AACに加えてaptX Adaptiveにも対応し、高音質と低遅延をハイレベルに両立し、高い接続安定性を実現している。279kbps~420kbpsの間でビットレートが自動調整され、接続品質に合せて安定性を確保する。この可変ビットレート方式を採用する事で、最高品質時はaptX HD同等の24bit/48kHzの伝送が可能になる。
また、再生されるオーディオデータのヘッダー情報からフォーマットの種類やダイナミックレンジなどの情報を読み取り、コーデック側で必要なパフォーマンスを判断するという。例えばゲームならレイテンシーの確保を優先し、音楽プレーヤーの音楽なら音質を優先するように駆動するという。これらの機能開発にあたって、SoCのQCC3040のファームウェア開発でQualcommと連携しており、カスタム実装によってaptX Adaptiveに対応したという。
ある意味、音楽再生において動的に機能し、ユーザーに対して最適な品質で音楽を提供する…それが「FALCON2」という事である。

Continue reading…

告知なき予約販売

これは消費者を愚弄する所行以外にどう説明しろという事なのか?

平日に開始10秒で決着

11月12日に発売されるPlayStation5だが、各所で抽選予約などが行われ、ほとんどの人が抽選に漏れたりして買う事が出来ずにいる現状で、まだいくつかのECサイトではその予約そのものをまだ開始していないとするところもあった。
その一つがセブンネットショッピングであり、セブンネットショッピングでは予約を開始する際には告知すると予告、PS5の購入に一縷の望みをかけた人達がセブンネットショッピングの告知開始を今か今かと待っていた。
しかし、このセブンネットショッピングの予約販売は、開始後わずか10秒で決着が付いた。
しかも、待ち望んでいた人達への告知もなく予約販売が平日の昼間に開始され、どう考えてもネット監視ツールを使用しているであろう転売屋でなければ買えないようなタイミングでの販売だったという。
そもそも行われるとされていた告知が成されていない。
実際、私もその可能性を考えてアカウントを作成し、予約の告知がくるのをずっと待っていた。しかし、何の音沙汰もなく予約が行われ、セブンネットショッピングで予約販売が行われたことを情報サイトで知ったぐらいである。セブンネットショッピングの言い分は意味がわからない

転売屋優先の売り方?

今回、セブンネットショッピングの販売方法は、抽選方式ではなく、先着順の予約受付という方法だった。
その為、10秒で決した販売終了までのタイミングで購入できた人のほぼ全ては、世間的には転売屋と呼ばれる人達だったのではないかと言われている。
Webツール等で常に販売サイトを監視し、販売が告知された事を早急に感知できなければ、セブンネットショッピングで予約する事はできないからだ。
今回の販売方法に対して、セブンネットショッピングは数量の調整や抽選を含む販売方法について各社と協議してきた、とコメントを発表しているが、告知もしない、挙げ句の果てに先着順の予約販売という先着確定予約による販売にした事が、どう調整した答えなのか、到底理解できるものではない。
いや、一つの結論をもって理解できるとするならば、転売屋に販売する事を最優先に結論を出したのなら、まずもって間違いない販売方式だったと言えるかも知れない。
だが、私はもっと不届きな事を予想した。
今回のセブンネットショッピングの予約販売方法が採られた理由は、セブンネットショッピングの裏方にいる者たち自らが転売目的で実施した事ではないか? という事である。
つまり、サイトに予約販売を開始したと同時に、実はほぼ全ての予約販売が決まってしまっていたのではないか、という事である。
いくらWebツール等で情報を監視していたとしても、開始10秒で予約販売終了となる状況を想像してみて欲しい。最初から出来レースでなければあり得ない話ではないだろうか?

Continue reading…

PCR検査を経験

今、この状況で熱が出るととんでもなく面倒な事になる。

突然の寒気

昨日の夜、突然の寒気に襲われた。
身体がガタガタ震えるような寒気なので、私の中では嫌な予感しかしなかった。
というのは、今、仕事でどうしても私は休むことが出来ないからだ。
だが、この寒気が来たという事は、翌朝に高熱を出す可能性が高い…という事を私は経験則で知っている。蜂窩織炎の症状である。
案の定、翌朝、私は38.5度の熱が出てしまった。
これがいつもの状況なら、熱が出たから病院に行って蜂窩織炎であろう診察を受け、快復を待つ。この流れになる。
しかし、この新型コロナウィルスの状況下では、熱が出た、となるとそのいつもの流れにはならない。いや、なれないのである。
とりあえず状況を会社に説明し、休めないところを休む旨の連絡をした。問題はその後である。
いつも通院している病院に連絡すると、やはり発熱があるという段階で通常の通院はできない事が判明した。
まず保健所に連絡して、保健所の指示に従ってくれ、という事であった。
保健所に連絡すると、問診が行われ、近日の間に海外に言っていたか、とか東京に出る事があったか、など、いろいろ行動状況の確認があった。
私はここ2ヶ月の間、県外には一切出ていないし、会社などでも感染リスクの高まるような活動はしていないので、その旨伝えたところ、感染している可能性は低いだろう、という事で、通院している病院に感染リスクは低いという旨を伝えるように言われた。
その後、再び病院にその事を伝えると、PCR検査を実施し、その結果で診察するという事となった。

PCR検査

病院から指定された時間に病院に行く。指定されたのは特定の場所に車を停めて社内に留まっていて欲しいとの事で、PCR検査の検体採取は車の中で行われる旨の説明があった。
鼻の奥が痛いんだわ…鼻の奥にグッとキットを押し込まれる。ちょうどインフルエンザの検査キットと同じである。
そして、その検体を採取した後、1時間後に再び病院に来るよう言われ、1時間後に病院を再来したが、PCR検査の結果は陰性だった。
陰性だったので、医師が発熱の状況を確認すると診察が始まったが、医師はその際、PCR検査は絶対の結論ではないという説明があった。実際、的中率は7割を超えるぐらいだというから、陰性でも陽性の可能性もあるし、陽性でも既に陰性と同等の状況の場合もある。ただ、今回の私の場合は、その行動歴から考えても陰性だろう、という結論だった。
診察が始まると、やはり足のむくみと状況を確認したところで、蜂窩織炎による発熱だろう、という診断が下りた。
ま、私の予想通りの結果である。
通常なら、皮膚科の診察を受けないと受け付けて貰えないのだが、今回はカルテの情報から、以前と同等の抗生剤の処方を受ける事ができ、とりあえず本日の診察は終わった。
但し、後日皮膚科に架かるよう念を押されたが。

Continue reading…

LXA-OT4

あのLUXMANのデジタルアンプキットに新製品が登場。

第3弾のデジタルアンプ

当Blogでも過去にStereo誌の付録であるLUXMANのデジタルアンプの記事を書いた事がある。
私はこのLUXMANのデジタルアンプの初代「LAX-OT1」、そして第2弾の「LXA-OT3」の両方をStereoの付録で入手し、今現在も「LXA-OT3」についてはウッドコーンスピーカーを接続して使用している。
とても付録アンプとは思えない音が鳴ると思っているので、購入してからPCの音をスピーカーで聴くためのアンプとして今も愛用しているのだが、そのLUXMANのデジタルアンプが、第3弾として音楽之友社の直販サイト「ONTOMO Shop」で発売する事が発表された。
ついに第3弾が発売発売される「LXA-OT4」は、従来の付録スタイルとは異なり、大きさも大きくなり、定格出力も20W+20Wと大きく改良されている。
そもそも電圧がDC24Vに格上げされ、SN比も90dBから101dBへと大きく進化、歪み率も0.5f%から0.006%と、製品として別モノに生まれ変わっている。
価格も付録価格ではなく、19,000円(税別)と高くはなったが、あのLUXMANのアンプとして考えれば安い価格と言えよう。

ONTOMO Shop LXA-OT4
https://ontomo-shop.com/?pid=154567345

一応キットという事で

販売されるのは、キットなので、購入した後に組立てる必要がある。
ただ、プラスドライバーとラジオペンチなどがあれば10分ほどで組立てられるもののようなので、心配する必要は無い。
また、前2機種では付録だった事もあり、基板のみの提供だったが、今回は専用シャーシが付属し、音量調整のツマミ、電源スイッチなどが付属する。
また、音質面にも手が入れられており、モノラル用のデジタルアンプチップをLとR用に2個搭載している。またゲイン切り替え付きのプリアンプも備えている。このプリアンプはICソケット式で差替が可能になっているので、音質調整を自分好みにできるのもメリットと言えるだろう。

Continue reading…

便利になるe-Tax

個人事業主にはより便利になって使いやすくなったのではないだろうか?

マイナンバーカード方式

国税庁が、Chromiumベースの新しいMicrosoft EdgeとGoogle Chromeにマイナンバーカード方式による「e-Tax」の送信に対応したと発表した。実質上、令和3年1月から確定申告等作成コーナーで利用できるようになるという。
マイナンバーカードの利用幅を広げようさらに、タブレット端末で申告書を作成する場合は、ICカードリーダライターが不要となり、スマートフォンにインストールされた「マイナポータルAP」(iOS/Android)でタブレット端末上のQRコードを読み取れば、マイナンバーカード方式によるe-Tax送信ができるようになるようだ。
これらの改善でFirefoxを除く主要環境でマイナンバーカード方式によるe-Taxの送信が可能になると見込んでいる。Firefoxでも、ID・パスワード方式であればe-Taxの送信は可能である。
また、スマートフォンをほ使用したe-Tax送信が簡略化され、従来は複数のアプリをインストールする必要があったのが、「マイナポータルAP」だけで行えるようになる。
他にも、マイナポータル連携で申告書の自動入力が始まったりと、申告書を作成する手順が大きく改善されるようで、今まで以上に便利に使える様になっていくようだ。
これも管新政権が創設を目論むデジタル庁の流れを組む政策の一環なのだろうか?

マイナンバーカード

今回のe-Taxの対応は、単純に言うとマイナンバーカードをより活用していこうという流れの一環に過ぎない。e-Taxそのものは、従来から確定申告をデジカル化する上でいろいろ進化してきていて、本人特定の部分でマイナンバーカードを使っていこうという流れの行き着いた先が、今回のマイナンバーカード方式のデータ送信であるにすぎない。
タブレット端末でICカードリーダライターが不要になった、というが、PCではICカードリーダライターがあればマイナンバーカードの情報を使ってe-Taxが利用できる事に違いは無い。
だが、私は今回の件でマイナンバーカード方式がより広範囲で使える様になったのは大きな前進だと思っている。
そもそも、従来からマイナンバーカードの利用方法があまりにも貧弱すぎただけであり、折角国民に広くマイナンバーカードを登録してもらうよう推進しているのだから、もっと行政でいろいろ使える様にしていくのが当たり前の方針であり、進むべき方向であると思う。
デジタル庁が果たして作られるかどうかはわからないが、そもそもデジタル庁がなくてもこの方向には進むべきであり、そうでなければマイナンバーカード開発に費やした税金はまったくもってムダになる。
なので、今後もいろんな方向にマイナンバーカードを紐付け、行政を便利にしていく必要がある。その上で、行政にかかるコストを最終的にはもっと減らし、公務員の数を減らしていく事を勧めていかねばならないと私は思っている。

Continue reading…

今更ながら半沢直樹

この土日に第1期から第2期まで一気に見た。

高視聴率番組

第1期の時も平均視聴率が20%を超え、そして第2期に入ってもその勢いが全く衰えなかった人気ドラマ「半沢直樹」だが、実は私は今までこのドラマを全く見ていなかった。
半沢直樹というコンテンツ面白いという事は世間の情報から知ってはいたが、なかなか見る機会に恵まれず、今まで一切見ていなかったのだ。
それが、ふとした事で見る機会に恵まれ、この土日に一気に第1期10話、第2期10話の計20話を見る事となった。
人気作をここまで連続で見ると、ストーリーの繋がりがハッキリ認識でき、ハマり具合が尋常でない状況になる…という事は予想はしていたが、もう途中でどこで見るのを止めていいのかわからなくなるぐらいのハマり具合で一気に20話を完走した。
なるほど、人気が出るのがよく分かる作品だと、見て初めて納得した。
それと同時に、テレビがオワコンだ、と言われている状況は、実はそうではないという事も見えてきた。
人々はテレビ離れをしたのではなく、引き込まれるコンテンツに出会えていなかったのではないか? と、クリエイターにはちょいと都合の悪い感想を持った。
何しろ、この「半沢直樹」という作品は今の状況にあって平均視聴率22%以上という数字を叩き出したのだから、テレビでもそれだけの視聴率を得られるという事を証明してしまっている。
「半沢直樹」に出来た事が、他作品で出来ないとなると、それはテレビ離れしている世の中が問題なのではなく、作品に問題があるのではないか? と疑わざるを得ないからだ。
確かに、人々の娯楽に使う時間の奪い合いは、昔よりも選択肢が増えた分、テレビの視聴率を上げる事は難しくなっている。だが、一方でその状況下でありながら視聴率を取っている作品があるのである。
クリエイターに取っては何とも頭の痛い事実ではないだろうか。

パターンの美学

よく、ワンパターンという言葉がつまらなさを象徴する言葉として使われる事がある。
だが、このパターンに当てはまってしまう作品は、案外と視聴率が高かったりする。
ワンパターンを嫌い、とにかくパターンに陥らない作品を作ると、新鮮味はあるものの、面白さが伝わるかどうかが結構微妙になる事が多いが、パターンに填まる作品は、オチが見えているにも拘わらず、人気作となる事が多い。
問題は、このワンパターンな流れに入るまでの過程に予想を裏切るような、或いは予想できない仕掛けが施されていれば、或いは予想を裏切る見せ方があると、人々はワンパターンを嫌う事なく、その作品にハマっていくという事である。
半沢直樹など、よく見なくてもパターンの連続である。主人公が何かしらの罠にハマり結果危機に陥り、そこから罠の仕組みを紐解き、最終的には倍返し…これがパターンである。
だが、ほとんどの人は半沢直樹のストーリーの流れをワンパターンと認識していない。いや、認識しているかもしれないが、パターンだからツマラナイ、としていないのである。
見せ方の工夫とオチにひっぱりこむ手法で、ワンパターンがワンパターンに見えていない。少なくとも、20話連続で見た私はそう感じた。 Continue reading…

急に寒くなったので…

スマート家電ではないけれど、手軽に使えるという意味では有効性の高いものなのではないかと…。

カセットガスストーブ

最近、急激に寒くなってきた。
ちょっと前までは「暑い」という言葉ばかり聞いていたのに、今では周辺でも「今日は寒い」という言葉ばかり聞く。実際私自身も最近の急激な気温の変化についていくのが大変で、着るものの選択に困る事が増えてきた。
昨年だったかの会社のイベントの景品で、膝掛けに使える電気毛布を手に入れたが、普段使う事など全くなかったが、ここ数日はコレを引っ張り出してきて、それが活躍するという始末。
以前から比べると、私自身が寒さに弱くなっている事を実感すると共に、本格的に冬になってしまうと、私はどうなるのだろうか? と今から心配している。
実際、この電気毛布を使っていても、結局は下半身の保温には役立つが、全体的な暖かさは得られない。何とかして手軽に、ちょっとした暖をとる方法がないかと考えたのだが、ふと以前にカセットコンロで使用するカセットガスを使用するストーブがあるという情報をネットで見た事を思い出した。
今でも商品としてはあるだろうと思ったので、ちょっと検索してみたところ、その商品を見つけることが出来た。

イワタニ カセットガスストーブ「マイ暖」
http://www.i-cg.jp/product/stove/cb-stv-myd/

カセットガスさえあれば使えるカセットコンロのカセットガスを使ったストープなので、燃料は比較的入手しやすいと言えるが、1本で大凡3時間20分という使用時間が、人によって評価の分かれるところではないかと予想される。
カセットガスはメーカーによって価格が非常に分かれるので、最安値をAmazon.co.jpで探すと、ニチネンというメーカーの「マイボンベL」という製品のまとめ買いが48本で4,980円で、1本あたり103.75円でおそらく最安値になる。これで考えれば、1日あたり103.75円の光熱費で多少なりの暖を取ることができるが…これを手軽で安いと感じるか次第で、評価が分かれるだろう。

あくまでも補助的な使い方

本格的な冬になれば、暖房として使用する機器はもっと本格的なものへと切り替わっていく。
そういう意味では、この「CB-STV-MYD」は本格的な冬が始まる前の繋ぎ的な存在という事になるだろうが、その繋ぎ的な使い方であれば、十分利用価値のある暖房器具と言える。
ガスカセットと言えば、本来はカセットコンロ用の燃料だが、規格化されているとは言え、用途は非常に限定的だった。そこでこのカセッドガスをもっと普及させよう…とメーカーがそこまで考えたかはわからないが、カセットガスの使い道がこれで広がった事は間違いない。
ちなみに、私が知る限りではこのカセットガスで、他にも電気を生成する発電機、田畑を耕す耕運機などが存在しているようだ。
折角規格化されているのだから、もっと活用幅が広くても良いように思えるだけに、今後の広がりに期待したい。

Continue reading…

空間再現ディスプレイ

裸眼で立体視できる高精細液晶の登場。

Spatial Reality Display

ソニーが高精細の3DCG映像を立体視できる空間再現(Spatial Reality Display)「ELF-SR1」を10月31日に発売する。価格はオープンプライスだが、税別の店頭予想価格は50万円前後になるという。
特殊なメガネやヘッドセットを使わすに、裸眼立体視できる15.6型の4Kディスプレイで、解像度は3,840×2,160ドットになる。価格からみて分かる通り、業務用のディスプレイで、プロダクトデザインの共有、ショールームの展示などでの利用を想定している。

空間再現ディスプレイ:ELF-SR1 インタビュー<CGクリエイター編>【ソニー公式】

特徴としては見る角度に拘わらず、視点の変化に合せた映像を確認でき、被写体が動いても映像に遅延やズレがほとんどない、とされている。
パネルの仕様としては、輝度が500cd/平方m、コントラスト比1,400:1、色域AdobeRGB約100%、色温度6,500K、5.5Wスピーカーを搭載し、HDMI入力とUSB3.0 Type-C端子を持つ。本体サイズは383×231×232mmで、重量は4.6kgと、大きさの割に重いという印象である。

原理は?

特別なメガネやヘッドセットを使わずに裸眼立体視を実現する。
今までこの問題にいろいろな技術が生まれてきたが、今度の空間再現技術は、高速ビジョンセンサーと視線認識技術によって見る人の目の位置をつねに正しく剣術し、水平や垂直報告に加え、奥行きに関しても左右の目それぞれの位置をリアルタイムに把握、その位置情報を元にディスプレイパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成して常に両目に対して正しい視点映像を表示する事で実現している。
この為に独自のマイクロオプティカルレンズをパネル全面に超高精度に貼り付けて実現している。モニタそのものが従来のものと比較して観る者の情報をより多く入手し、最適な映像を生成する事で裸眼立体視を実現しているワケである。

空間再現ディスプレイ:ELF-SR1 インタビュー<建築家編>【ソニー公式】
空間再現ディスプレイ:ELF-SR1 インタビュー<プロダクトデザイナー編>【ソニー公式】

Continue reading…